スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[UNIX]メールボックスの中身の閲覧

かれこれ、数年間UNIXなんか使っていません。

しかも、使っていたのは、UNIX-Cのコンパイルと実行くらいしか使用してなかったんですが。

このたび、レンタルサーバ管理会社に就職して、必死で覚え直しです。

現在のサーバはCobaltRaq550という、Sunが出しているホスティングサーバです。

ベースはRedHatらしいです。

サイトの管理からDNSの設定まで出来ちゃう、オールインタイプ。

管理画面というGUIもあって、管理も非常に楽です。



時々、ユーザからメールが受信できなくなったと言う問合せがあります。

容量を増やすとかは、GUIで出来るんですが、あきらかに大きすぎるメールを

受信した場合、(PDFを何十枚も添付する人とかいるんですよ)

容量を増やせませんから、受信も出来なくなります。

そうなると、コマンドで直接アクセスしてメールを削除しなくてはなりません。



1.スーパーユーザでログインする

#su root

Password:*****



2.メールのあるディレクトリに移動

 [ex]

 $cd /home/sites/サイト名/hoge



3.メールボックスの中身を閲覧

 mbox形式の場合です。maildir形式だと、1メール1ファイルらしいので削除とか楽ですよね。

 容量が増えるかもしれませんが・・・メーラーが対応できてない可能性があるらしいですけど。

 CobaltRaq550はqmailが標準だから、設定すれば出来るんでしょうが、怖い!



 [ex]

$mail -f mbox



4.メールのリストが出てくるので、不要だと思われるメールを削除してみます。

 [ex]ファイルNoが1のやつを消しちゃいます

 $d1



また、忘れそうなのでメモとして残しておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
枚方情報
最新記事
カテゴリ
人気ページランキング
ブログパーツ
検索フォーム
最新コメント
楽天オススメ
人気検索記事
プロフィール

ときどきぷろぐらま。

miichan1016をフォローしましょう

Author:ときどきぷろぐらま。
ママぷろぐらま、として頑張ってます。
好きなことはPHPでプログラムを組むこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
相互リンク 新着記事
相互リンクをしていただくと、こちらにあなたの最新のブログ記事が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。