スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2章 着物テキスト。

7ヶ月(本科3ヶ月+専攻科4ヶ月)の道具もすべてレンタルできるコースを選んだ。
手ぶらで通える手軽さに負けました。
その名も、「大和撫子コース」75,500円也。22回だから、1回3400円ちょっと。

しかも、長襦袢、肌着、足袋とかはプレゼント。
まぁ、この金額が安いとみるか、高いとみるかは人それぞれだと思いますが。
写真がいただいたテキストです。

教科書
「きもの教本1」
  着物の基礎知識が書いてあります。マナーとか着物の種類とか。
  写真も載っているのですが、モデルさんがちょっと懐かしい感じ。
  ↑なかなかレトロです。

  着物に興味を持ったところの私は、めちゃくちゃ読みました。
  本科が終わるころに、筆記テストがあったので、
  赤線とかめちゃくちゃ入ってます。

  誰にもあげられません(笑)

「How To KIMONO ひとりで着る編」
  これは、実践の本ですね。着物の着付け方から帯の結び方が、写真で解説。
  最初はわからなかったけど、講義が進むうちに、わかるようになってきました。
  実は今でも、参考にしております。

  帯の結び方はいろいろ載っていて楽しいです。
  しかし、いわゆる道具を使って結ぶやつです。
  道具については、また機会を見て書こうかと思います。

授業は、生徒はたったの二人でした。
たまに、振替で人が増えたりはしたのですが、基本的には二人。
おかげで、じっくり教えていただけたので、よかったかもしれません。

もう一人の生徒さんも、先生も、私も偶然、同い年で。
わきあいあいと、講義を受けることができました。
カリキュラムは結構きちんと決まっていました。

「本科」では自分で着ることができるようになるようなカリキュラムです。
もちろん、テキストを使った座学もあります。これは楽しかったですよ。
着物のことをほとんど知らないわけですから、何を聞いても新鮮で。

長襦袢の着方から始まって、ウールの着物、一重太鼓。
道具を使ったので、かなり楽にできました。
それをマスターした頃に、小紋、道具を使わない一重太鼓。

そうそう、浴衣の講義もありました。
浴衣は今までも着ていたので、すごく楽しかったですね。
お文庫しかできなかったのが、ちょっとアレンジした可愛い結びができたり。
最後はふくら雀までを勉強。

道具を使うから、できたのでしょうが・・・
難しくて、身につきませんでした(笑)

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
枚方情報
最新記事
カテゴリ
人気ページランキング
ブログパーツ
検索フォーム
最新コメント
楽天オススメ
人気検索記事
プロフィール

ときどきぷろぐらま。

miichan1016をフォローしましょう

Author:ときどきぷろぐらま。
ママぷろぐらま、として頑張ってます。
好きなことはPHPでプログラムを組むこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
相互リンク 新着記事
相互リンクをしていただくと、こちらにあなたの最新のブログ記事が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。