スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクテルバーの秘密


何かの話で、ダーリンとカクテルの話をしていました。
「バーテンダーってすごいよね。注文されたカクテルが、どういう配合で作ればいいか頭の中にインプットされているんだから」

ダーリンはニヤリと笑いました。
「カウンターの中に書いてあるねん」

今日はジンの在庫が少なめだから、量を少なめにとか。
香料は大めとか書かれているらしいです。
もちろん、どこのバーでも、そんな訳では無いと思います。
(というか、そういうふうに信じたいです)
アルバイトがやっているような所は、そうみたいです。
最近、流行のガールズバーとかも、意外とそうなのかもしれません。
ショックを受けた人、ごめんなさい。

カクテルの配合で思い出したのですが、大学時代に
MicrosoftAccessでデータベースを
作ろうというテーマの課題がありました。
ちなみに人間関係学科です。

そんな時に、同じ授業を取っていた人が「カクテルの配合」を
データベースにしたい、という提案をしていました。
しかし、先生はそれは面白くない、って言ってました。

今なら、その意味がわかります。
確かに、本のデータをひたすら打ち込むことでは
新しいものは何も生まれてこないんです。

一つ一つのデータに意味を持たせること、それをするためには
何か意味づけをすることが必要だったんだと思います。
カクテルのデータベースを作ることで、ジンベースのカクテルを見つけることは
簡単になったかもしれません。
でも、それでは本をデジタル化しただけで。

自分なりの切り口を持って検索できるようになっていれば
面白かったかもしれません。

「初恋の味のするカクテル」とか
「初デートの時に飲むカクテル」とか

今後のブログ運営でも、よくよく、考えておかないと
いけないことかもしれないかもしれません。

テーマ : 旦那さんのこと。
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

そりゃ

作ってる人も人間ですからねえ。
飲み屋に行くと必ずウーロンハイを頼むんですが、場所によって焼酎の量に差があるのが面白い。
一度ただのウーロン茶だろと言うのがあったなあ(笑)

プロは覚えてるみたいです。

ウーロンハイ、いまだに飲んだことがないです。
最近は、何でも割るのが嫌でねぇ。
焼酎はロックで(笑)

飲食店は、怖いです。

おはようございます。

飲食店は、店によっては結構いろんなことをしていて怖いですよ。

落ちたものを平気で出したり、腹が立った客に変な物を入れたり。

それを聞いてから飲食店の店員は怒らせないようにしようと誓いました。

きゃぁ~!

サービス業の本質を忘れているようで恐ろしいですね。
一度、何か食べられないようなものを出されたことがあります。
嫌がらせだったのかしら・・・
何もしてないのに。

初めまして!
立川でガールズバーをやっているものです。

いろんな人が来ますもんね!

参考になります!!!!


不景気ですが、お互い頑張りましょう!!
また遊びに来ますね☆
スポンサードリンク
枚方情報
最新記事
カテゴリ
人気ページランキング
ブログパーツ
検索フォーム
最新コメント
楽天オススメ
人気検索記事
プロフィール

ときどきぷろぐらま。

miichan1016をフォローしましょう

Author:ときどきぷろぐらま。
ママぷろぐらま、として頑張ってます。
好きなことはPHPでプログラムを組むこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
相互リンク 新着記事
相互リンクをしていただくと、こちらにあなたの最新のブログ記事が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。