スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー・デップ 「スウィーニー・トッド」

愛は復讐を生む。
復讐が狂気に変わるのに、時間はかからない。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師




いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。

舞台は19世紀の英国ロンドン。
無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、
名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。

15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、
殺人理髪師スウィーニー・トッド。

胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを-。

(引用元:楽天ブックス:スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師)



ティム・バートンといえば「コープスブライド」の
印象がとても強いです。
ちょっと、暗い画調が、今回の「スウィーニー・トッド
フリート街の悪魔の理髪師
」と近いものを感じました。

ティム・バートンとジョニー・デップの組合わせでは
チャーリーとチョコレート工場」が印象に残っています。
ミュージカル仕立てで、楽しい映画でした。

楽しい「ウィリーウォンカ」とは、全く違う、
狂気に陥った、悲しい美容師の姿をシュールに
演じられるジョニー・デップの演技力には驚かされました。

まさに、地獄からよみがえってきたような、ジョニー・デップの
演技と風貌が、怖さが倍増。

ただ、怖いだけの作品ではありません。
悲しいおかしみと、苦しみと。
とにかく、最後の最後までシュールな作品でした。

結構、スプラッシュな映像があるので
血がダメな人は、やめておいた方が無難です。

[他の映画記事を読む]
殺人の追憶
ナイトミュージアム
ナルニア国物語

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは☆彡

こんにちは、はじめましてCOAと申します☆

ご観覧・コメント有り難う御座いました。

スウィーニートッドはまだ見ていませんが、ジョニーデップは好きです☆
シザーハンズも暗い感じのシュールな映画ですよね。
スウィーニートッドは今度借りてみようと思います☆

COAさん

ジョニーデップ、本当に奥の深い俳優さんですよね。
逆にシザーハンズを見たことが無いので、見たいですね~
スポンサードリンク
枚方情報
最新記事
カテゴリ
人気ページランキング
ブログパーツ
検索フォーム
最新コメント
楽天オススメ
人気検索記事
プロフィール

ときどきぷろぐらま。

miichan1016をフォローしましょう

Author:ときどきぷろぐらま。
ママぷろぐらま、として頑張ってます。
好きなことはPHPでプログラムを組むこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
相互リンク 新着記事
相互リンクをしていただくと、こちらにあなたの最新のブログ記事が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。