スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐電でプチ旅行その3~龍安寺から仁和寺~

車折神社から再び、嵐電に乗り、帷子ノ辻で乗りかえ。
目指すは、石庭で有名な竜安寺です。

途中、電車で桜のトンネルを抜けるところがあるのですが、
既に桜の季節は終わっているので、新緑のトンネルと
なっていましたが、桜の季節なら、わざとゆっくりと
通ってくれるのだとか。

龍安寺駅から歩くこと10分。
拝観料は500円です。
残念ながら石庭は工事中だそうです。
でも、せっかく来たのに見ないというのも悔しいので
拝観料を払って入ることにしました。
葵は0円で助かるわ~(笑)

中には大きな庭園もありました。
かなり広いですね。

001_20090510140040.jpg

途中、子供が亀が甲羅干ししているの見つけて「本物?」と
聞いていました。



肝心の石庭は、工事中だったからか、観光客が多かったからか、
思っていたより、奥行きもなく、狭かったです。
やはりプロの写真家はすごいのかもしれません。

002_20090510140046.jpg

龍安寺を出て、「きぬかけの道」を通じて仁和寺へ。
途中、土曜はダメヨ!の中のコーナー、
小枝不動産で紹介されていた家を発見。
=>こんな家

1億5000万円もしますが、川つきだそうです。
昔、滝つきの家をみつけたこともありますが。
これもすごいですね。

さて、仁和寺。
御室御所と言われているように、皇族が暮らしていたからか、
質素な中にも、気品のある御殿です。

明治時期に再建されいてるのですが
平安の宮廷文化が受け継がれているような気がします。

御室御殿に入ると、とても大きな石庭が広がります。
003_20090510140052.jpg

しばし、平安朝にタイムスリップです。


源氏物語の世界に、どっぷりとつかることができて幸せでした。

北側にも、手入れの行き届いた庭園が広がります。
平安朝の貴族は、こんな池に船を浮かべて、
お酒や歌舞を楽しんだのでしょうね。

004_20090510140058.jpg

葵も、満喫中。

005_20090510140105.jpg

境内はこの広大な御殿以外にも、五重塔、金堂や経蔵など
多くの建物があります。

桜の季節は御室桜という、特別な品種の桜も楽しめるようなので
来年は春に行ってみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ん~

京都、行きたいですなあ。
夏に大阪に行く予定は立てているけれど・・・それもどうなるか(^-^;

遊びに来てくださいよ~

ぜひに、うちにもよってください。

きっと、葵もなつくはずです。

今までなつかなったこと、ないけど。

でも、大阪だけど端っこだから不便すぎるな。

葵ちゃんおっきくなったねぇ~

そうだよね~

ちえまるこさん>
 そうだよね。
 あったのは生まれてすぐだもんね。
 もう、歩くし喋るよ。あんぱんまんばっかりだけど(笑)
スポンサードリンク
枚方情報
最新記事
カテゴリ
人気ページランキング
ブログパーツ
検索フォーム
最新コメント
楽天オススメ
人気検索記事
プロフィール

ときどきぷろぐらま。

miichan1016をフォローしましょう

Author:ときどきぷろぐらま。
ママぷろぐらま、として頑張ってます。
好きなことはPHPでプログラムを組むこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
相互リンク 新着記事
相互リンクをしていただくと、こちらにあなたの最新のブログ記事が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。