スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没~最期の瞬間、幸せであるために~


日本沈没

柴咲コウと草薙剛という、ちょっと不思議な組み合わせの映画でした。
けどこの二人だからこそ、恋人未満、友人以上のような微妙な関係が
描けたのかもしれません。


豊川悦司や、MR BRAINでも大活躍中の大地真央も出演。
それにしても、豊川悦司は、何を着せても似合いますね~
ネクタイ姿にドキドキしてました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
日本を沈没から守るために、二人の科学者が、その命をかけるという、
まぁ、シンプルな内容です。アルマゲドンと通ずるものがあります。

ただ、科学的な話はとても興味深いものがあります。
それに、映像もかなり細かいところまでディテイルにこだわって、撮られています。

おそらく映画用に脚色されていると思いますが、
科学の知識が無い私にも、何となくわかるくらい、
丁寧な説明がされていました。

一番、面白かったのはパニックなる人の描写。
社会心理学をかじった人だからかもしれません。

海外に逃げようと空港に押し寄せる人の波、
人生を受け入れる人、お金の力で逃げる人、
海外に逃げられなくて残される人。

実際、日本が沈むようなことになったら、
私は状況を受け入れてしまうような気がします。

もし助かる命なら、助かるはず。
ダメならそれまで。ドライすぎるでしょうか?

原作は小松左京さんの小説です。


日本沈没:小松左京

高校時代、一時期、筒井康隆にはまっていたことがありました。
(↑うちの旦那さんは、あんまり好きじゃないみたいですが)

筒井さんの本を読んでいると、よく出てくるのが小松左京さん。
きっと、仲良しだったのでしょうね。
その頃から、一度は世みたいな~と思いつつ、いまだに達成
できてないです。

思い切って本を借りてみるかな。

そう、実は、「日本沈没」ですが、何と漫画にもなっています。


何と、絵を描いているのは、ゴルゴ13のさいとう・プロ。びっくりしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
枚方情報
最新記事
カテゴリ
人気ページランキング
ブログパーツ
検索フォーム
最新コメント
楽天オススメ
人気検索記事
プロフィール

ときどきぷろぐらま。

miichan1016をフォローしましょう

Author:ときどきぷろぐらま。
ママぷろぐらま、として頑張ってます。
好きなことはPHPでプログラムを組むこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
相互リンク 新着記事
相互リンクをしていただくと、こちらにあなたの最新のブログ記事が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。