スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所でのアレルギー対応食についておもふこと。

今日、午前中、保育所から電話がかかってきた。
熱でも出したか!とドキドキしたのですが、「給食のトマト」にチーズが乗ってて
食べてしまったようです。

担任の先生は、めちゃめちゃ平謝りです。
特に発疹も出なかったようで、その後、保育園で過ごしたようです。
なかなか、除去食って実際問題、先生は大変だと思います。
30人近くいる、あの、ようわからない生き物の面倒を見てるんですから。

偶然ですが、そんな日に、こんな記事を見つけちゃいました。
交野市の市会議員の方のブログ記事です。

保育所での食物アレルギーへの対応

食物アレルギーの児童が増えてきています。保育所での対応は、各市によって違います。

隣の枚方市や寝屋川市では、食物アレルギー児童への対応は、医師・栄養士・保育士・調理師・保護者などが
相談しながら、代替食の提供をおこなっています。

交野の保育所では、アレルギー物の除去食が中心となっており、代替食には至っていません。

参照:http://jcpsakano.exblog.jp/15275533/



市へも要望しているそうですが、なかなか予算がつかないでしょうね~
大豆とか小麦粉がダメな子は、除去食だと食べるものが無い事態に陥る可能性がありますものね。

私としては預けている以上、こういうリスクがあるのは、覚悟してます。
でも、保育士の先生も給食の先生も、とても親身になって相談して給食については考えてくれます。

牛乳を使ったケーキはダメでも、豆乳なら大丈夫ですか?とか。
プリンがダメならゼリーを出してもらったり。十分、代替してもらっています。

現場はとても、頑張っているんだと思います。
その頑張りを、少しでも楽にしてあげるのも行政の勤めなのでは?

もし、除去食ではなくて、代替食にすることで、給食の値段が上がるのであれば
それは受益者負担の考えで、代替食の人には差額を払ってもらうってのもアリなんじゃないかと、私は思いますが。

うちは、卵と牛乳ですが、今のところ卵を家で食べても何も出なくなりました。
牛乳はチーズたべてブツブツ事件が起きてから、怖くて食べさせてないです。
一度、アレルギーの検査をしなくちゃ、とは思っているのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
枚方情報
最新記事
カテゴリ
人気ページランキング
ブログパーツ
検索フォーム
最新コメント
楽天オススメ
人気検索記事
プロフィール

ときどきぷろぐらま。

miichan1016をフォローしましょう

Author:ときどきぷろぐらま。
ママぷろぐらま、として頑張ってます。
好きなことはPHPでプログラムを組むこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
相互リンク 新着記事
相互リンクをしていただくと、こちらにあなたの最新のブログ記事が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。